税込8000円以上のお買い上げで送料無料

すのこベッド通販SOLEIL

すのこベッド通販SOLEILでは様々な種類・ブランドのすのこベッドを取り扱っています。
ベッドを選ぶ基準として、まずサイズがあげられます。
シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズ、クイーンサイズ、キングサイズのベッドが用意されています。
また、ベッドについている機能からお選びいただけます。
機能としてはマットレス付であるのかフレームのみであるのか、折りたたみタイプ、コンセント付き、棚付きロータイプといった機能から選ぶことが可能です。
すのこベッドにも素材によって違いがありますので素材から選ぶこともできます。
素材では桐とプラスチック(ポリプロピレン)があります。
それぞれの特性や良さがありますので、比較してみましょう。
またすのこベッドのブランドも色々なものを取り扱っていますのでブランドからお選びいただけるようになっています。

安全なすのこベッド選びのポイント

すのこベッドの選び方のポイントは、すのこに使っている木の素材が何を使っているのかを知っておきましょう。
ベッドだけではなく木製の家具でも用途に合わせて、桐やヒノキなど選ぶこともありますが、すのこも同じ木製の家具ということから、購入する時には予め素材も知っておいた方が後悔することも少ないです。
例えば持ち運びしやすい時には桐を選ぶことによって軽量で収納でき易いですし、また通気性が高いことから防カビとしても優秀といえます。
また少し高級感を出したい場合には、ヒノキを選ぶことによって品質が高い光沢感も見られ、強度があることから割れにくく防虫としても優れていますので、長い年数で使いたいならばこの素材が適しています。
お手頃な価格で購入したい時にはスギが入手しやすく、断熱性が高いものの湿気に対しても調節できる素材ということから、すのこベッド初心者にとってもチャレンジしやすいです。
この他にはパイン材という松の木のような素材を扱ったものもあり、木の素材独特の温もりや柔らかさを感じられ、メーカーによっては匂いも感じることから癒されて眠りたい人にはピッタリなので、特徴が違うことから自分の用途に合わせて選んでみましょう。

すのこベッドの特徴

すのこベッドが太い木の角材に薄い木の板を直角に打ち付けたものです。
すのこは主に風呂場の床滑り防止や押入れのカビ防止のために使用されるほど通気がよく、マットなどにも使用されています。
すのこベッドは折り畳めるタイプと設置タイプがあり、空間を有効に使いたい人には前者、安定性を重視したい人には後者が適しています。
サイズはシングルとセミダブルが主流で、平均的な体格の人はシングルで問題ありません。
体格の良い成人男性などで余裕が欲しい人はセミダブルやダブルベッドが適しています。
ご家族でご使用する際には、クイーンサイズやキングサイズであれば、一緒に睡眠を取る事が出来ます。
すのこベッドを購入する場合、使用している材質や使用によって価格帯はかなり幅がありますので購入する際は事前に調べて起きましょう。
また素材の関係上、硬めのベッドなので気になる方はお布団ではなく、クッションがしっかりしているマットレスをご使用頂いた方が良いです。
腰痛持ちの人や硬質なベッドも好む人、布団やマットレスなどの湿気が気になる人にすのこベッドは適していると言えます。
材質は主に消臭や脱臭を始めとした様々な効果のあるひのき、通気性のよい桐、家具で頻繁に活用されており低下価格で購入しやすい杉、素材の中でも柔らかいものが特徴のパイン材があります。

すのこベッドは割れやすい?

日本の家はカビが生えやすく、ベッドや布団も油断するとカビが生えてしまいます。
そこで、カビ対策の1つとしてすのこをベッドの敷板に利用したすのこベッドが誕生しました。
すのことは、太い木の角材に薄い板を直角に打ち付けたもののことで、主に、お風呂場の床滑り防止のために使ったり、押入れに布団を収納する際にすのこを置いてその上に布団を置くようにします。
そうすることにより、すのこの板と板の隙間が風通しがよくなりカビ防止に役立ちます。
メリットがたくさんあるすのこベッドですが、どうしても避けられないのがきしみから始まって最終的に割れてしまうことです。
ある程度は値段と関係しますが、マットタイプのものは特には薄すぎたり、並べている板が少ないものは使っている最中に割れるなんてこともよくあるのです。
マットタイプの方が圧倒的に割れやすいので厚みをポイントに選ぶとよいかと思います。
薄いものだと1cmちょっとのものでは上で立ち上がるときしむ、割れそうで怖いなどの口コミを見かけますので3cmくらいはあった方が良いかと思います。
また、お子様がいる家庭では上で飛び跳ねないように注意することも必要です。

すのこベッドとは

ベッドの底板が一枚板ではなく、すのこ状になっているタイプのものがあり、それをすのこベッドと言います。すのこベッドはすのこの上にマットレスを置いてベッドにするというタイプのものです。
今までにない新しいベッドのタイプでここ数年人気が高まっているベッドになっています。
すのこベッドにも色々と種類はあるのですが、すのこなので何より通気性が良いというメリットがあります。
布団を床に敷いて寝たいけど直に敷くとカビが心配だという方にお勧めです。
通気性がいいのでカビにくくなっています。またすのこが折りたためる形状になっているものも多く販売されていて人気となっています。
上に敷いたマットレスや布団をたたんでどけてすのこをたたむととてもコンパクトになって、邪魔になりません。
すのこベッドは最近ではメジャーになってきましたが、まだあまり聞いたことがないという方も多いかもしれません。
画期的でとても機能性に優れたベッドで、比較的リーズナブルなお値段で変えるのも特徴です。

すのこベッドの選び方

すのこベッド選びのポイントとしては、どういったタイプのベッドがほしいかということがあげられます。
まずはベッドの大きさを決める必要があります。シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズのすのこベッドを販売していますので、サイズを選びましょう。
あとは機能性や素材、またベッドのブランドなどから比較検討して選びましょう。実際に使用した時のことを考えて選ぶことがポイントです。
購入しても使いづらかったりしたらもったいないですので、細かい点にまで比較するようにしてください。

すのこベッドのおすすめ機能

すのこベッドについている機能について紹介していきます。まず販売されている形式としてベッドにマットレスが付属しているものと付属していないフレームのみのものがあります。
それから折りたたむことができる機能のものもあります。折りたたみ機能はとっても便利です。
普段使用していないときは折りたたんでおくことができるので、場所をとらないというメリットがあります。
また掃除もしやすいですしずっと置きっぱなしにならないので風通しもいいんですね。
他にもコンセント付きの機能のものは携帯電話を充電したりするのにもとても便利ですね。
また棚がついているものも自分のベッドを機能的に使用することができます。好きなもので飾ってみたり、アロマとかを置いてみたり自分好みにカスタマイズできるでしょう。

すのこベッドはどんな効果がある?

すのこベッドの効果は床と布団の間にわずかな隙間ができますので、寝ている間でも通気性が高いことから湿気がこもらなく快適に眠ることができます。
人間は眠っている間にも汗を掻くことがあり、それが布団に吸収しますと湿気が高くなり逃げ場もないことから、カビが生えやすくなってきます。
それでも布団を干して押し入れなどに収納するればカビ予防をすることができますが、1人暮らしや収納スペースが少ない家ですと収納することが難しく、万年床となってしまえば布団にカビが生えてしまい畳やフローリングが傷んでしまうこともあります。
そこですのこベッドにすることによって、通気性を高められカビが生えにくくなります。
夏場ですと直に布団を引いたまま眠りますと湿気や冷房の風が溜まることによって、蒸し暑かったり寒かったりと感じることもありますが、すのこベッドでは床から数センチ高くでき隙間によって風の流れも良くできますので体感温度を調節することもできます。
体温調節ができれば眠るまでには時間が掛からなく快適に眠ることができますので、季節によっては睡眠不足も解消することができることから、眠活をしたい人にとってはメリットがある効果ともいえます。

すのこベッドがカビに効果がある理由

すのこベッドはカビが生えにくいということで、湿気が多い家や直に布団を敷いて眠るのに抵抗がある人たちから注目されています。
カビが生えない理由ととして通気性が高いのが上げられ、使われている木材によって差があるもののすのこの設計自体にも空気を通りやすくなっていることから、床から数センチ高さがあるのも活かして湿気がこもりにくくなっています。
同じすのこベッドによって設計や素材によって値段も違ってきますが、カビ予防としてすのこベッドを選ぶとしたら通気性や湿気に強いとされている桐やスギが適しています。
湿気だけではなく結露が出てしまう場合には、ベッドの位置を壁から離さないとならないこともあって、動かしやすい軽量の素材や形を選ぶことによってカビを予防することができます。
すのこベッドにカビが生えにくいからといって万年床の状態になったりしますと、布団自体湿気を吸い込んで溜まってしまい、換気も不十分になっていることからカビが生えてくることもあります。
木材自体湿気や結露に強いですが必ずカビが生えないというわけではないので、すのこベッドだけに頼らずに適度な換気と布団を干すことによって予防できますので、時期によってはしっかりとカビ対策はしておきましょう。

すのこベッドが湿気に強い理由

モンスーン気候の日本にとって夏は湿気、冬は結露に悩まされます。
その結果、カビが発生します。
それで、昔の日本人の知恵でから通気性の良いすのこが風呂場や押し入れなどで使われています。布団やベッドも湿気が多いのです。
人は睡眠中に牛乳瓶1本分の約200CC程の汗を一晩でかくのです。
ベッドの場合は、その汗が重力に従って布団やマットレスを通過して敷板にたまります。
布団の場合も毛布や掛布団はもちろん敷布団はじっとりします。
それで、布団を毎日あげて換気をするのや天気の良い日を狙って布団を干すのは大変です。
歳を取っていればなおさらです。
そこで、 西洋のベッドと融合してすのこベッドというアイデアにあふれたベッドが誕生しました。
普通のベッドと違って敷板がすのこだと、空気の通り道ができてカビの発生を最小限に抑えることができます。
材質にも大きな差があり、桐は他の木材と比較して重量が軽い上乾燥に強いため防カビ防虫効果があってタンスなどの収納用に多く用いられています。
しかし、すのこベッドを購入したからと過信は禁物です。設置は湿気や結露のたまりやすい窓際を避ける、部屋の換気を良くするなど環境を整えることも必要です。

すのこベッドが通気性に優れている理由 

ベッドのカビとか湿気というのは意外と気にしている人が多く、どうにかしたいと思っている人が多いのです。
そして、誰しもが通気性が良い部屋で生活をしているとは限りません。
地域によっては一年を通して湿気に悩まされることになる場所もあるのです。
そんな人たちにとってはベッドの通気性というものは健康のためにも大きな問題であると言えるわけです。
通気性が良いベッドの代表格となるのがすのこベッドということになります。すのこベッドが通気性が良いのはその形状にあると言っても良いでしょう。
床板がすのこになっているので木材と木材の間に隙間が存在し、その隙間から空気が逃げていく道があるからです。
つまりベッドの上で寝汗をかいてもこもってしまうことなく水分が蒸発していくということになるのです。
そのためマットレスにもカビは生えず布団もジメジメとすることもなくなるというわけです。
通気性が良いと自然と体もスカッとしてくるものです。
すのこベッドが人気が高いのは健康のためにも良いという認識があるからだと言えます。

すのこベッドの寝心地は?

睡眠は人間の生活には不可欠です。この睡眠をいかに充実させることができるかということが人生を充実させることができるかどうかを決めると言っても過言ではありません。
睡眠の質をより良いものとするためには寝心地の良い環境を作るということが重要になります。
様々なベッドが売り出されていますが、注目されているベッドの一つがすのこベッドです。
西洋式のマットレスのベッドが多くなる一方ですのこベッドに敷布団を敷いて寝るという方が日本人としてしっくりくるという方も多くおられます。
寝心地としては人それぞれですが、すのこの上に直接敷布団を敷いて寝る場合少し硬さを感じるという方もおられます。
それでその人の感じ方の状況に応じて三つ折り式のマットレスなどを敷いて寝るとちょうど良いという方もおられます。
あるいは厚みのある敷布団であればマットレスを敷かなくても硬さを感じることはなく快適な寝心地となります。
すのこベッドの特徴は湿気対策にとても良いという点です。
布団に湿気がこもっていると当然のことながら健康的ではありませんし、快眠を妨げるものとなります。
そうした問題に対処し、良い眠りを実現するためにもすのこベッドは大変オススメです。

すのこベッドの材質について

すのこベッドは、通気性が良く、カビの発生を抑えてくれるメリットがある事から、人気のあるベッドです。
特に湿気の多い地方や建物の室内では、寝心地の良いベッドが求められます。
すのこベッドと言っても、材質によって特徴が異なります。
桐すのこは、水分が通りにくい為、湿気による劣化を防ぐ効果があります。
マットレスを上に敷く事で歪みにくく、燃えにくい特徴のあるすのこです。
杉すのこは、比較的安値で販売されている事が多く、湿度調整に優れています。
ヒノキのすのこでは、他の材質よりも強度があり、頑丈です。
防腐、防虫効果もあり、ヒノキの香りでリラックス効果も期待できます。
松のすのこは、ヒノキと特徴が似ていますが、材質が柔らかいのが特徴です。
人は寝ている間にコップ1杯程の汗をかいていると言われているので、
その水分をいかにマットレスに残さず床板から湿気を逃がすかが、とても重要になってきます。
勿論、窓を開け換気を行ったり、除湿機を利用したりするのも大切です。
そして、ベッドの下に湿気が溜まらないように、荷物や収納はせずに、空間があるベッドが良いでしょう。
また、すのこベッドは、全くカビが発生しないわけではありません。
定期的に風通しの良い場所で陰干しをして床板を乾燥させましょう。

すのこベッドは安全?

すのこベッドって安全性はどうなんだろうと思う方も多いかもしれません。
すのこといえば間に穴が開いていますからベッドに使用するのには向いていないのではないか、安全性が低いのではないかと感じる方も多いかもしれません。
ですがそんなことはありません。すのこベッドでも安全に使用することができます。
耐荷重もベッドによって違いますがしっかり記載されていて、耐荷重が大変重いものもあります。
すのこといえどもしっかりしていますし、素材によってもとても頑丈なものもあります。
また万が一のことに備えて耐震性を兼ね備えているすのこベッドもあるんですね。
耐震機能で頑丈で安全となっているすのこベッドがありますので、安全性を重視したいという方はそういったところを重視して選ぶとよいでしょう。すのこベッドであっても安全性は高いですし快適です。

すのこベッド【fiume】フィウーメ お客様の口コミ

  • fiume 昔から布団派でベッドはあまり好きではなかったのですが、主人がベッドにしたいと言い出し仕方なくベッドを購入することにしました。色々なベッドを見た結果、省スペースで組み立ても簡単そうなすのこベッド【fiume】フィウーメ にすることに決めました。実際使っている方の口コミの中に、今使っている布団をそのまま使えるというものがありそこにも魅力を感じました。実物が届き部屋に置いてみると本当にコンパクトで圧迫感がなく、すのこなので通気性が良さそうだなと思いました。ほんのり桐の香りもして癒されます。寝心地もイメージしていたより違和感がなく、布団の時と変わらずぐっすり眠ることが出来ています。>移動も楽なので模様替えや部屋の掃除の時も苦労しません。

すのこベッド【Shalotte】シャロットお客様の口コミ

  • Shalotte 木材を使用したベッドはついシンプルになりがちなのでずっと気に入ったものが見つからなかったのですが、このベッドの可愛らしいデザインが決定打になり購入しました。組み立て式なんですが、思ったより簡単に組み立てることができました。すのこは通気性がよく、夏場は快適に過ごせるので今は特につらい湿気に不快感を感じることなく安眠できそうです。冬も暖かく眠れるらしいので、今後も期待しています。このベッドは高さが三段階に調節できるのと、その部分が収納スペースとして活用することが出来るので整理下手な私には有り難いです。散らかっていたものは全部この空間に片づけることが出来て、部屋がすっきりしました。高さを再段階にあげると結構な空間が出来るので、使わない布団なんかも洋服と一緒にしまっています。特に気に入ったのはヘッド部分です。広々とつくられているので本や小物などなんでも沢山置くことが出来るので寝る前に読んでいた本をよく置いてます。コンセントがついているのでスマートフォンの充電も出来るんですが、2口あるのでゲーム機の充電も一緒に出来るので重宝しています。
  • ロータイプのすのこベッドが欲しくて、【Greedy】グリーディに行きつきました。それまで使っていたベッドは高さ40センチほどありました。ロータイプのベッドに変えてみたら、それだけで部屋が広くなったようで驚きました。ちょっとしたベッドの高さで、部屋の印象は変わるものなんですね。空間にゆとりができて、寝室全体がゆったりした感じです。機能性が高いのも嬉しいです。まずはベッドヘッドについているモダンライト。よくある、ベッドの片側にポイント的についているようなライトではなく、ヘッドボードの恥から端まで横一文字のストレートラインのライトになっています。ちょっと見たことがないライトは、点けてみるとシンプルで落ち着いたデザイン。ヘッドボードには棚もついています。時計などを乗せるのに便利ですが、中央部についている隠れ収納がとにかく優れモノ。ティッシュや薬など、よく使うけどあまり人目に触れたくないものを収納しておけます。コンセントもあるので就寝中の充電も問題なし。すのこベッドなので、当然通気性も抜群。しかし、本物の木のような質感で安っぽさがなく、一見すのこベッドに見えないのも良いです。

すのこベッド【SFORZA】スフォルツァお客様の口コミ

  • SFORZA 体重が人より多めのせいか、安いベッドを使うとすぐに壊れてしまうので悩んでいました。そんなときに通販サイトで見つけたのが【SFORZA】スフォルツァなのですが、600kgもの耐荷重という点が気に入り、購入することにしました。実際に使ってみると、上にのっても全然きしむことがなく、安心して寝ることが出来ますし、すのこベッドなので夏でも快適に使うことが出来ました。これまで使っていたベッドは、湿気の多い時期のかびが気になって仕方なかったのですが、【SFORZA】スフォルツァは通気性が抜群に良いので、そんな心配をしなくて済むようになりましたね。ベッド下は収納スペースとして使えて、お部屋の中をスッキリさせることも出来たので、買って良かったと思っています。

すのこベッド【Lombardy】ロンバルディお客様の口コミ

  • Lombardy 快眠に欠かせない「通気性」を考えると、やはりすのこベッドは一押しです。【Lombardy】ロンバルディに使用されているのは、吸放湿に優れた天然木の桐と聞いて、これに決定。桐は「狂いが少なく軽い」ため、昔から家具用木材として使われていたもの。ベッドには最適だと思います。「樹脂製は安っぽい。木組み丸見えタイプはカジュアル過ぎ」ということで、【Lombardy】ロンバルディのシンプルなスタイリッシュさも気にいりました。ベッド本体はウォルナットカラーで仕上げられていて、どの部屋にも似合う感じ。意外に高級感もあります。シンプルですから飽きも来ません。機能的には、ヘッドボードにある棚が使い勝手が良くて気に入っています。夜寝る前に読んだ本も、枕元に積み上げるのではなくヘッドボードに置けるのでゴチャゴチャせず快適。1500Wの2口コンセントがついているので、スマホの充電をしたり、アロマディフューザーを焚くことも可能です。ベッドフレームはシングル、セミダブル、ダブルの3種類から選べるので、部屋に合わせて使用可能。ベッドフレームに合わせたマットレスも、8種類から付属購入可能なのも良かったです。

すのこベッド【Haagen】ハーゲンお客様の口コミ

  • Haagen 北欧ヴィンテージのデザインが気に入り、【Haagen】ハーゲンを購入しました。シンプルな中にも、キャビネットやコンセントがついているなど、欲しい機能がついているので便利です。キャビネットには、読みかけの本やスマホ、そのほか、細々したものを置いて使っています。ベッドも高さがあり、底は、すのこタイプになっているので、湿気がたまらず衛生的です。ベッドの下も掃除しやすく、掃除機のヘッドも楽々入ります。カラーは、ウォルナットブラウンを選んだのですが、大正解でした。部屋のヴィンテージ感が一気に増し、思い通りのインテリアになりました。【Haagen】ハーゲンは、デザイン、機能共に申し分のない、おしゃれなすのこベッドです。

すのこベッド【Jack Timber】ジャック・ティンバーお客様の口コミ

  • Jack-Timber すのこベッドにも色々なタイプがあって、ずいぶん迷いましたが、最終的には、大好きなヨーロッパのホテルをイメージした感じで、重厚感のある【Jack Timber】ジャック・ティンバーシリーズにしました。実際に届くまでは、少し重たい色かなと思っていましたが、床の色とマッチして、とても落ち着きのある室内になりました。ちょっとアンティークのような感じすらします。それでいて、ヘッドボードの部分には、さりげなく物が置けるような作りになっていたり、土台部分がすのこになっていて通気性に優れていたりと、使い勝手も優れていると感じます。お値段的にも、買いやすい価格帯だと思いました。このベッドを使うようになって、部屋の中のおしゃれに気を配るようになりました。
  • まず、【Jack Timber】ジャック・ティンバーはすのこベッドらしくない木の質感に驚きました。
    長年使っていたような色合いなのでどこにおいてもしっくりきますし、シンプルで普通の宮付きベッドと同じように枕元でコンセントなども利用できます。
    布団をどけなければ、すのこベッドだと気が付かれないかもしれません。
    床から少し離れていますがロータイプなのでけがの心配が少ないです。
    そして、床から離れていてすのこになっているので、通気性が良くて、布団を敷いたままにしても湿気がたまりにくいようです。
    夏は布団だけ、冬にはマットレスを使うようにしています。
    サイドに手すりなど余計なものが付いていないので、同じベッドを二つ横並びでくっつけて利用できます。

すのこベッド【Reizvoll】ライツフォルお客様の口コミ

  • Reizvoll すのこベッド【Reizvoll】ライツフォルは、シックなデザインが気に二っています。ナチュラルカラーなので、どんな部屋に置いてもしっくりくるからです。比較的、脚が長くなっているため、ベッド下にさまざまな物を収納できることも魅力のひとつとなっています。子供たちのおもちゃや下着塁などをまとめて置くことができて重宝しています。部屋の中にデッドスペースを作らずに済むので、あまり大きくない部屋に置いておくのにもちょうどいいと感じています。また、材質がすのこなので通気性に優れています。一年中、どの季節になっても快適に睡眠時間を過ごすことができてうれしい限りです。これは、ずっと長く使用していきたいベッドですね。
  • 快適な睡眠をしたいのは多くの人が感じていることとですが、実際にベッド選びをしても、デザインの面で満足出来ないといったケースもあるかと思います。そのような方におすすめしたいのが、「すのこベッド【Reizvoll】ライツフォル」です。「すのこベッド【Reizvoll】ライツフォル」は、高いデザイン性と睡眠時の快適性の両方を兼ね備えたベッドといえると思います。デザインと機能性を追い求め、ヘッドボード部分の幅は10センチになっています。ただ、10センチあれば結構いろいろなものが置けるので、不便際を感じる事は無いと思います。また、すのこ使用となっているため、湿気などもこもりにくいので、とても快適に眠れると思います。

すのこベッド【Cordova】コルドヴァお客様の口コミ

  • Cordova 和室でも使用できるベッドを探していました。できれば可愛いデザインのものが良いと思っていたのですが、私の好みにぴったりだったのが【Cordova】コルドヴァでした。すのこと聞くと高齢者向けのデザインになってしまうのかなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。20代の私でも違和感なく使用できます。私が選んだのは、口コミでも人気を集めていた【Cordova】コルドヴァのすのこベッドです。通気性が良いので寝心地が良いのはもちろんですが、それだけでなく畳を傷めることもありません。快適に寝ることができ、目覚めもとても良いです。私は、ホワイトのフレームを選びましたが、畳にもバッチリ合うカラーでした。

すのこベッド【Bande】バンデお客様の口コミ

  • Bande すのこベッド【Bande】バンデを使っていると、快適に寝ることができるため、これを選んで大正解でした。よかったと思う点は、通気性がよいところです。これまでに使用したベッドだと、どうしても湿気が溜まってしまいムシムシとしてしまうのです。特に夏場にもなると、暑くて寝苦しくなってしまうのです。ところが、すのこベッド【Bande】バンデであれば適度に空気が流れてくれますので湿気が溜まらない仕様です。涼しい時間を過ごせるので、ベッドにいる時間が長くなりました。また、大人向けのデザインも気に入っているところです。もちろん、子供にもぴったりですが、さわやかなナチュラルカラーは使用する人を選ばないと思います。

すのこベッド【Mariette】マリエッテお客様の口コミ

  • Mariette 今まで使っていたベッドはそれなりに高級な良いものでした。そのためなかなか買い替えることも出来ず気付けば10年も経っていました。さすがに古くなって来て、ギシギシと音が響いたり寝心地も悪くなったので思い切って処分することを決めました。次ももちろんベッドのつもりでしたが、出来れば通気性が良いものがいいなと思い探したところ、すのこベッド【Mariette】マリエッテを見付けたのです。すのこの部分が持ち上がりそのまま布団を干せるという画期的な作りで、すぐにこれだと購入しました。
    組み立ても1時間掛からず終わり、作りも丈夫で満足です。布団を毎日干すことも苦にならず、衛生的にも以前より良くなり【Mariette】マリエッテにしてよかったです。

すのこベッド【Neo Clean】ネオ・クリーンお客様の口コミ

  • Neo-Clean ネオクリーンのすのこベッドの最大の特徴は、木製ではなく樹脂製のすのこベッドであること。寝汗が多い子供のベッドでは、いつも蒸れが気になっていました。フレームが木製のすのこベッドを以前使っていましたが、汗の影響かポツポツ黒カビのようなものが出てしまいました。その点、樹脂素材の【Neo Clean】ネオ・クリーンなら水ぶきできるので衛生的です。また、検査機関において立証された抗菌効果のある樹脂素材という点もポイントが高いです。二つに折りたたむことができる折りたたみ式なので、梅雨時など外に干すことができない時も室内干しが出来ます。足はキャスター付きで本体も軽いので、掃除をする時も手軽に移動可能です。ベッドの下に約25cmのスペースがあるので、就寝前に読む本やスマホ、ティッシュや緊急用懐中電灯の入った非難袋などをボックスに入れておいています。意外に軽量なので、女性でも簡単に折りたたむことができます。あんしんロックがついているので、折り畳んで閉まっておく時も安心です。完成品が届くので、組み立て不要なのも楽チンでした。

すのこベッド【Greedy】グリーディお客様の口コミ

  • Greedy ロータイプのすのこベッドが欲しくて、【Greedy】グリーディに行きつきました。それまで使っていたベッドは高さ40センチほどありました。ロータイプのベッドに変えてみたら、それだけで部屋が広くなったようで驚きました。ちょっとしたベッドの高さで、部屋の印象は変わるものなんですね。空間にゆとりができて、寝室全体がゆったりした感じです。機能性が高いのも嬉しいです。まずはベッドヘッドについているモダンライト。よくある、ベッドの片側にポイント的についているようなライトではなく、ヘッドボードの恥から端まで横一文字のストレートラインのライトになっています。ちょっと見たことがないライトは、点けてみるとシンプルで落ち着いたデザイン。ヘッドボードには棚もついています。時計などを乗せるのに便利ですが、中央部についている隠れ収納がとにかく優れモノ。ティッシュや薬など、よく使うけどあまり人目に触れたくないものを収納しておけます。コンセントもあるので就寝中の充電も問題なし。すのこベッドなので、当然通気性も抜群。しかし、本物の木のような質感で安っぽさがなく、一見すのこベッドに見えないのも良いです。
  • 部屋の雰囲気をおしゃれにしたいと思い、デザイン性の高いベッドを探しているときに見つけたのが、「すのこベッド【Greedy】グリーディ」です。「すのこベッド【Greedy】グリーディ」の特徴はなんと言っても、見た目の高級感です。木目調のデザインとなっており、落ち着きがあります。ベッドを替えるだけでお部屋の雰囲気はガラッと変わると思います。「すのこベッド【Greedy】グリーディ」は、ローベッドですので、部屋の印象も広々とします。また、床から近い位置で眠ることができるので、日本人にはピッタリのベッドだと思います。ヘッドボード部分には照明もついており、何かと便利です。色はブラックとウォルナットブラウンから選択できます。

すのこベッド【NOAH】ノアお客様の口コミ

  • NOAH 我が家の長男はとにかく汗かきで、冬でも寝汗をかくので布団干しは欠かせません。ですので、マットレス使用のベッドは使えない状態でした。さりとて、床やたたみにそのまま布団を敷くのも、それはそれで湿気が伝わってしまいそうで、なんとか良い方法はないかと考えていました。そんな時、ネットで見つけたのがすのこベッド【NOAH】ノアでした。すのこ部分が桐でできていますので、とても軽く、なんといっても一番優れているのは、布団を敷いて使える上に、ベッド部分を折りたたんで、そのまま布団干しとして使える点です。これなら、部屋の中で日当たりの良い部分に移動させて、毎日布団を干すこともできます。最近は、長男も自分で布団を干すようになり、母親としてはとても助かっています。とてもアイディアに富んだ素晴らしい商品だと思います。

すのこベッド【AIR PLUS】エアープラスお客様の口コミ

  • AIR-PLUS すのこベッド【AIR PLUS】エアープラスは素材が桐である事や、造りが良さそうで便利な面があるので購入しました。価格も、これだけの良品なのに抑えられてると感じました。桐は通気性が良くて湿気をこもらせない木材で丈夫で軽いです。エアープラスは更に中央部に通気孔を空けてあり溝まで彫られているのが、通気UPに徹底されているなと感じます。何より気に入ったのは、二つ折りにして立てて布団の室内干しが毎日出来る所です。すのこベッドは軽いし、真ん中のハンドルをもって手を挟まないよう気遣えば怖くないですよ。下部では付属のストッパーで倒れないよう固定します。二つ折りにして隙間に収納もできるので、スペースも取られなくて嬉しいです。

すのこベッド【slim&sharp】スリムアンドシャープお客様の口コミ

  • slim&sharp すのこベッド【slim&sharp】スリムアンドシャープを最初に購入しようと思ったのは、みためのデザイン性の高さでしたが、実際に使用してみるとデザイン以外にもいろいろなおすすめしたい特徴があることが分かってきました。すのこベッド【slim&sharp】スリムアンドシャープには、ヘッドボードもついていますので、小物類をおくのにもとても便利です。ヘッドボード部分には、スマホや目覚まし時計などを置くのもよいと思います。また、スマホやポータブルオーディを充電するときにも便利なコンセントもついているので便利です。商品名にもなっている通り、床板が「すのこ仕様」になっているため、湿気がこもりにくく快適な睡眠をサポートしてくれる点も気に入っています。
  • 「ホテルに置いてあるようなシンプルでシックなベッドが欲しい」と思って、いろいろ探している時に見つけたのが【slim&sharp】スリムアンドシャープでした。最初は「すのこベッド」という品物があることを知らなかったので、何だろうと思っていたのですが、湿気の多い日本でベッドをずっと使い続けていくには、確かに土台部分がすのこになっていると、湿気を逃してくれるので、いつまでも清潔に使えるだろうと思い、【slim&sharp】スリムアンドシャープを購入しました。もちろん、すのこベッドだからというだけではありません。このシリーズは、落ち着いた木目調で、極限までムダをなくしたシンプルなデザインなので、自分にはぴったりでした。また、脚も低いので、部屋も広く見えて一石二鳥です。このベッドを使い始めてから、睡眠の質が良くなったと感じています。

すのこベッド【pittarida】ピッタリダお客様の口コミ

  • pittarida
    すのこベッド【pittarida】ピッタリダは名前の通り、自分にピッタリのベッドに調整できるところが魅力です。
    既成のベッドを購入する際、サイズなどどこかで妥協しなければならないところがありますが、このベッドは自分に合わせて高さなどが調整できるようになっています。
    このベッドの場合、すのこは取り外し可能で、ベッドの下に物を収納することができるようになっています。
    すのこベッドは通気性の良いところが人気です。特に梅雨の時期や夏の暑い時期など、布団に湿気がたまりやすくなりますが、
    すのこでできていることによって、ベッド上に布団がそのままになっていても空気が通るようになります。
    すのこは木材でできていますので、木の香りがする点も魅力です。

  • 独り暮らしを始めて実家でも使っていて快適だったので、すのこベッドがよいなとネットを検索していたらピッタリなものが見つかり嬉しくなりました。
    その名前の通り私の部屋にピッタリなんです、すのこベッド【pittarida】ピッタリダ。
    収納がないワンルームなのでシングルを購入したのですが、ベット下をこんなに有効利用できるとは驚きです。
    しかも収納ケースがピッタリ入るので無駄がなく部屋を広々使えます。
    最初組み立てが出来るか不安でしたが、不器用な私でも簡単に出来ました。収納ケースにあわせた高さ調節もすぐに終了でき満足です。
    宮がついているのがまたよいです。携帯や本がベットの中に散乱してしまう人なので。
    寝心地ももちろんよく天然ひのきは気持ちいいです。

すのこベッド【Pelgrande】ペルグランデお客様の口コミ

  • Pelgrande 我が家はもともと夫婦ともに布団よりはベッド派でした。ですので、子育てが始まってからも布団よりはベッドで寝たいと思っていました。けれど、子供はよく汗をかきますし、おねしょのことなども考えると、マットレスのベッドではなく、すぐに洗える布団をのせて使えるベッドがあるといいなあと思っていました。【Pelgrande】ペルグランデを見つけた時は、自分達の探していたものはまさにこれだ!と本当にうれしくなりました。マットレスでも布団でもどちらでもOKで、さらにすのこベッドなので通気性もバツグンです。金具でしっかりと連結できますので、安心して使えますし、はずして2つに分けても使えるのも便利だと思います。おかげで、毎日グッスリと寝ることができて体調もいいです。子供が大きくなったら、布団からマットレスに変えて使おうと思っています。

すのこベッド【Morenoble】モアノーブルお客様の口コミ

  • Morenoble
    ホテルが大好きで、時々ご褒美と称して、一人でも泊まりにいってしまいます。引越しをするのを機会に、自分の家でもホテルのようなベッドに寝ることができたらいいなあと思って、色々探してたどりついたのが【Morenoble】モアノーブルというシリーズでした。このシリーズはすのこベッドなので、土台部分の通気性がよく、清潔に使える点がまず気に入りました。また、コンセントが2口ついていますので、寝る前にスマホを使って、寝ている間にそのまま充電しておくことができるので、とても便利です。マットレスも、自分の好きな固さのタイプをチョイスできるようになっています。私はクイーンサイズを一人で使っていますが、シンプルでありながら高級感もあって、さながらホテルの空間にいるようで、大満足です。

すのこベッド【Resty】リスティーお客様の口コミ

  • Resty 私は布団よりとにかくベッドが大好きです。けれど、意外と汗かきでもあるので、通気性の面では少し気になることもありました。マットレスと一体になっているベッドを使っていたのですが、はずせないのでどうしようかなあと思っていました。そんな時見つけたのが【Resty】リスティーです。すのこベッドなので、すのことマットレスが完全に離れています。すのこというと、日本に昔からある押入れなどで使うものをイメージしていたのですが、とてもおしゃれで、すのこには見えません。さらに、脚の高さやマットレスのサイズやタイプも自由に組み合わせて選ぶ事ができますので、自分の暮らしのスタイルや好みに合わせてチョイスできるのも良かったです。今回はブラウンのすのこを選びましたが、ホワイトもいいなあと思っています。
  • すのこベッド【Resty】リスティーを使うことによって、今までのベッドの概念が覆されました。なぜなら、夏の熱い時期であったとしても涼しい快適な空間を保つことができるからです。ジメジメとした季節の嫌な空気を感じることなく、朝まですっきりと寝ることができるのです。また、デザインがとても自然で、いろいろな人に受け入れられやすいと思います。カラーリングで迷っている場合には、ナチュラルタイプのものがいいのではないでしょうか。すのこベッドのイメージにぴったりですし、飽きのこないデザインだと思っています。そのため、これからずっと長く愛用していけるベッドだと確信しています。ベッドでこんなにも寝心地が変わるなんて思っていませんでした。

すのこベッド【Quartz】クォーツお客様の口コミ

  • Quartz
    生まれてこの方、布団一筋でしたが引っ越しを機に奮発して、
    【Quartz】クォーツのすのこベッドを購入してみました。
    夏の寝汗がとても嫌いで毎年エアコンを夜中つけっぱなしにすることが多かったですが、
    すのこベッドのおかげでこの夏もエアコンをそんなに付けずに快適に眠れました。
    また、ベットの下にものを置けば部屋も広く使えるメリットもありますが、
    下を空洞にして扇風機を回して寝ると、すのこのおかげなのか布団の下が風で冷える為かさらに快適でした。
    また、ベッドにコンセントやキャビネットもあるので布団の時のように床にものやコードが広がってるという事もなくなりました。
    購入の際は、すのこ?と抵抗がありましたが知人からも強いお勧めがあり購入に至ってみましたが、購入して正解でした。
    長年使えるよう大事にしたいと思います。

  • 【Quartz】クォーツのすのこベッドは、木材の素材をそのまま生かしたような外見になっていますので、おしゃれです。また、木をそのまま使っているので匂いが多少発生します。私は好きな香りですが、気になる方がいるかと思います。
    また、値段についてはほかのベッドに比べてコストパフォーマンスがいい方なので、大変満足しています。
    寝心地はマットレスで変わってしまうので何とも言えませんが、ベッドに収納スペースを付けられるモデルを購入しましたので、枕元に本などを置いておくことができて大変便利に感じています。
    また、配送の際の商品の組み立ては3人で1時間半から2時間程度で済んだので簡単に組みあがるほうではないかなと思いました。

カートに入れる

豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」