税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ローベッド通販SOLEIL

ローベッド通販SOLEILは口コミで人気の高いローベッドを専門に取り扱っている通販サイトです。ローベッドのサイズとして、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングをご用意しております。また機能性はブランドによって異なりますが、「棚付き」「コンセント付き」などによっても選ぶことができるようにしています。
ローベッドについている機能として、すのこ、棚やコンセント、連結タイプ、フレームのみ、マットレス付き、ポケットコイルタイプなどの種類をご用意しております。
当ページの下段にはお客様の口コミを掲載していますので、ご購入の際には是非ご参考にして下さい。

ローベッドおすすめNo.1「グリーディ」

Greedy
SOLEILが取り扱っているローベッドの中でも特に人気が高くてお勧めすることができるローベッドとして、Greedy,グリーディがあります。このグリーディは床からの高さを抑えているためにお部屋の空間に贅沢な解放感をもたらしてくれます。大人の雰囲気を大切にしたデザインも素敵なローベッドです。ヘッドボードも無駄をそぎ落としたシンプルなデザインなので飽きも来ませんし、便利にご使用する事が出来ます。ヘッドボード内にティッシュをしまい込めるようになっているので、生活感が出てしまうこともありません。「グリーディ」はスイッチが一体型になっているコンセントもついているので寝る前にスマホの充電をしたい方には便利なローベッドです。また、マットレスはドロップマット構造になっておりフレームに落とし込むことが可能です。グリーディの床板にはすのこを使用していますので、風通しがよく、快適な眠りにつくことができます。カラーも2色から選ぶことができるようになっています。

ローベッドおすすめNo.2「フランクリン」

FRANCLIN
ローベッドのFRANCLIN,フランクリンはモダンデザインで飽きの来ないローベッドです。低い床に近いベッドなので空間を広々と贅沢に使用することができるという魅力があります。また、お部屋にゆとりを感じることができます。このフランクリンのローベッドはSOLIELで販売しているローベッドの中でも特に人気の高い商品となっています。ウォルナット柄の素材を使用しているのですが本物と見間違えてしまうぐらいの美しいものです。二口コンセントもついていますので機能的にも便利に使用していただくことが可能なんですね。また見た目の好みや生活スタイルなどに合わせてフレームサイズとマットサイズをそれぞれ選ぶことができます。高級感のあるステージタイプとゆったり寝ることができるフルレイアウトタイプから選べます。またフレームのデザインとして間が空いているデザインになっていますので通気性が良くなっています。風通しがとても良いためカビやダニなどの心配をすることなく安心して快適にご使用頂けます。

ローベッドおすすめNo.3「イーゴ」

E-go
ローベッドのイーゴは国産のポケットコイルマットレスが付いたタイプの商品です。床に近いロースタイルで狭いお部屋においても全体的に圧迫感を感じません。また目線も低くなりますので空間全体にゆとりができるようになっています。デザインも最先端で、ウォルナット素材を使用しているため木目からは温かみを感じることができますし、スチールと組み合わせていることによって都会的なおしゃれ感を醸し出しています。またフレームの上にマットレスを引くというスタイルとなっていますので、生活サイズであったり見た目的な好みでマットレスの大きさを自分好みに変えることができるという魅力があります。例えばフレームよりサイズが小さいタイプのマットレスを使用して余った部分を違う活用方法として使用することもできます。どうぞイーゴをご自身の生活スタイルに合わせたスタイリッシュなローベッドとしてご使用下さい。

ローベッドの選び方

ローベッドを選ぶポイントとしては、各ブランドからお気に入りのデザインを選ぶ方法があります。
初めにお部屋に合うお好みのブランドを決めてから、マットレスやサイズを選ぶのがおすすめの方法です。
マットレスにはポケットコイル・ボンネルコイル・国産ポケットコイルなどの種類があります。マットレスによってベッドの固さや寝心地が異なってくるので、一番睡眠をとりやすいマットレスを選ぶことをおすすめします。
SOLEILで取り扱っているローベッドにはサイズはシングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングといったサイズ展開があります。
また機能性でも比較検討するとよいでしょう。2つのローベッドを連結をして広くご使用したい場合は、「連結」可能なローベッドを選ぶと、ベッド間の隙間がなく快適に睡眠をとることが出来ます。
その他の機能の面でもついているととても便利なものもたくさんありますし種類によっても使い勝手は違ってきます。
SOLEILはインターネット通販サイトなので自宅でゆっくり比較しながらお選びください。

ローベッドのおすすめ機能

ローベッドについている機能にはとても便利なものがたくさんあります。そのため機能を重視して購入するローベッドを選ぶというのもおすすめの方法です。ローベッドの機能として、SOLEILでは、オールシーズン快適な「すのこローベッド」以外に「コンセント付き」や「棚付き」があります。ベッドにコンセントがついていればスマートフォンなどを充電することもできますしまた照明を置く事も出来ます。棚も自分の好きなようにカスタマイズして好きなものを置くことができるのも魅力ですよね。寝る前に本を読むというような方には照明を置いて、棚に本を置いて、という使い方をすればとても便利なことでしょう。また他にもベッドにマットレスもついてくるタイプのものも販売されているのですが、ポケットコイルマットレスやスプリングマットレスなど様々なマットレスを用意されている商品もあります。またすのこベッドのタイプでは通気性がいいので快適に眠れます。

ローベッドのメリット

ローベッドのメリットは、部屋がかなり広く感じるところです。横から見た感じも低いので、天井との距離が広く感じられます。部屋全体に圧迫感がなく、快適です。ローベッドで寝てみると特に低くは感じません。ヘッドボード部分がいい高さなので仕切りの役割をしてくれ、違和感がありません。またローベッドは夜になると、眠気を誘い、落ち着いた感じになります。毎日寝るのが楽しみになります。ローベッドにすると部屋が広くなるので良いです。ベッドは大きいので、低いほうが部屋に広がり感が出ます。圧迫感が減り、開放感が高まるメリットがあります。開放感のある寝室で寝るのは、とても気持ちがいいものです。脚付きローベッドなら、とてもオシャレで高級感があります。脚があるとスッキリ見えます。大きさを感じさせずスタイリッシュに配置でき、高さがないので落ち着きます。日本人は、低い位置の方が安心する傾向にあります。低いポジションは落ち着きやすく、昔から床に布団を敷いて寝てきたことなら、低い寝床のローベッドは安心します。低いポジションなので、厚みのあるマットレスを使うことができるメリットもあります。

ローベッドの使い勝手は?

今、ベッドの中で最も人気なのがローベットです。寝心地を重視した厚みのある高級マットレスを敷いても高くなり過ぎないので多くの方に選ばれています。ホテルで使われているような高級ブランドの厚みのあるマットレスをハイベッドに敷くととても高くなり過ぎてしまいます。ローベッドなら部屋全体に圧迫感を与えないため、広々見えるのでインテリア性が高いです。かと言ってフロアベッドのように床に密着している訳では無いので、床と寝具の高さのメリハリがあるのも使い勝手が良いです。ローベッドはオシャレに見えますし、寝心地の良いマットレスを敷けばとても寝心地がよく快適です。あえてデメリットを言うなら、下部にハイベッドのような広いスペースはありませんので収納力はありません。掃除機が入り込みにくいのですが、ホコリは入るので掃除をするにはベッドを移動するなどの対処が必要になる場合もあるでしょう。日本人は床に布団を敷いて寝る民族なのでハイベッドだと高さがありすぎて安心できないという方も多いです。ローベッドなら床に近いので安心感があるというのも嬉しいポイントです。

ローベッドとは

ローベッドとは、一般的なハイタイプのベッドよりも低めに作られているベッドです。主にベッドの高さには高い順からハイベッド、ローベッド、フロアベッド等があります。フロアベッドは、ローベッドよりもさらに低いベッドです。ハイベッドは下にスペースがあるため、収納力に長けています。ローベッドのメリットは、低いので圧迫感が無く、部屋が広く見えるところです。最近は、高すぎず低すぎないスタイリッシュな脚付きローベッドがオシャレ感があるということで人気です。脚付きタイプで下に通気性があるタイプも多く湿気にくく、厚みのあるマットレスを使うこともできるので見た目も寝心地の良さでも人気です。ハイベッドに厚みのあるマットレスを敷くと、かなり高さが出過ぎてしまうのでローベッドの方が向いています。日本人で特に布団派の人は、高い場所で寝ると落ち着かないという方も多いです。ローベッドなら寝た感じも天井が近すぎず、床から離れすぎていないので安心して眠れるというのもメリットです。デメリットとしては、収納力が無い、低いがゆえに掃除がしにくいという点があります。

ローベッド「マットレス」の種類

ローベッドを使う際にどんなマットレスの種類があるでしょうか。一般的なベッド用のマットレスとしては、「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」があります。ボンネルコイルはスプリングが連続していて体重を面で支える感じです。寝た感じは硬めで、畳の上に布団を敷いて寝ているような感覚があります。ポケットコイルは、独立したポケット(袋)がスプリングを包んでいて独立性があり、体重を点で支えてくれます。やや柔らかく隣に寝ている人に振動が行きにくいですが、耐久性はボンネルコイルよりやや劣ります。ボンネルコイルはバネが約200なのに対してポケットコイルは500以上なので価格はポケットコイルの方がやや高めになります。ボンネルコイルとポケットコイルのマットレスの代替として、低反発マットレス等を使うという方法もあります。ローベッドによって、マットレスがセットになっている場合もありますし、ローベッドにそのまま布団を敷いて寝ることも可能です。見た目としては厚みのあるボンネルコイルやポケットコイルのマットレスを敷いた方がオシャレ感がアップするのでインテリア性を気にする方には特におすすめです。

ローベッドの使い心地は?

実際にローベッドを使ってみると寝心地や使い心地はどんな感じなのでしょうか。ローベッドは、ハイベッドよりは低くフロアベッドよりは高い中間の高さで高過ぎず低過ぎないところが人気です。下に収納スペースはありませんが、やや空間がある分、通気性が良いので布団が湿気ることも少ないです。高さのあるマットレスを使っても高くなり過ぎないので高さがあり過ぎると寝ているときに不安という方でもちょうど良い高さで寝ることができます。見た感じもオシャレで高さのあるハイベッドよりは部屋が広く見える効果があります。同じデザインのベッドでもマットレスのタイプは選べるようになっているタイプもあります。点で支えるポケットコイルと面で支えるボンネルコイル等、スプリングの違いによって寝心地が違いますので好みに応じて選ぶことができます。実際に寝た感じは、仰向けに寝ても天井が近すぎずに圧迫感を感じるということもありませんから、布団派の方でも違和感を感じにくいです。現在、主流なローベッドですが強いてデメリットを挙げるとすれば、脚付きでも下の空間が狭いためにやや掃除が面倒という点があるかも知れません。

ローベッドの特長

ベッド下に空間がある低いベッドは、全般的にローベッドと呼びます。ローベッドは、スペースを取らないので、部屋が広くなるメリットがあります。見た目がスタイリッシュなのが特長で、高さがないので落ち着きます。厚みのあるマットレスが使えるのもうれしいところです。ベッドは大きな家具なので、低いほうが部屋に広がり感を持たせることができます。物理的に考えてもわかりますが、ローベッドを使用すると、空間が広くなります。広く感じるのではなく、実際に広くなるのが、ローベッドの最大の特長と言えます。ローベッドは、圧迫感がなく、開放感が高まるので、寝ていても気持ちがいいです。また、スタイリッシュで、脚付きローベッドなら、オシャレです。脚があるとスッキリ見えるので、スタイリッシュに配置することができます。ローベッドは、高さがないので、落ちきます。日本人は、低い位置が安心するという性質があります。なぜなら、昔から床に布団を敷いて寝てきた民族だからです。ローベッドで寝ると、不思議と安心感があります。

ローベッド 【Greedy】グリーディお客様の口コミ

  • Greedy 何より見た目がすごく気に入ったので購入しました。特にこのモダンライトが好みです。シンプルだけど大人な空間を演出してくれていて、グリーディは雰囲気を出せるベッドだなと思います。彼女にも喜ばれました。それにヘッドボードに中にしまい込んで置ける収納がついている所も助かっています。箱のティッシュがすっぽりと入る大きさなので、ティッシュや小物をそこに入れています。最初はかなり低いなと思ったんですが、それがかなりリラックスできる要因だと最近では特に感じます。いつもついつい仕事で疲れて帰ってそのまま横になってくつろいでしまいます。コンセントもライトもついているし便利ですね。コンセントはスマホの充電に必須なのでありがたいです。デザインに惹かれて買ったのですが、デザインだけでなく他の面でも買ってよかったと思いました。またポケットコイルのハードのマットレスを一緒に購入したんですが、すごく寝心地がいいです。硬めだけどしっかり体にフィットしている感じで、おかげでこのベッドで寝ると疲れが一気に取れて朝が快適です。
  • ブラックモダンライト・コンセント付きのグリーディローベッドを購入しました。とてもおしゃれで気に入っています。なんといっても、照明とコンセント付きのフロアベッドなので、使い勝手が良いです。ブラックモダンライトということで、寝室をとてもシックな雰囲気にしてくれます。雰囲気の良いステキな夜を演出してくれます。ローベッドのダブルグリーディは、ヘッドボードにも引出し付きなので、ちょっとした収納にも便利です。ストレートなモダンライトが素晴らしく、それでいて、ヘッドボードの中央には小物を入れることができます。また、本などを立て掛けることができる有効に使える棚仕様となっているので、読書にも最適です。グリーディローベッドは、コンセント付きなので、スマートフォン、タブレットをいつでも充電できて便利です。見た目のデザインも秀逸で、無駄をそぎ落したシャープで直線的なラインが何とも言えません。開放感あふれるローベッドなので、質の良い睡眠に導いてくれます。
  • 【Greedy】グリーディのローベッドを愛用しています。
    きっかけは、引越し先でベットを新しくしたことです。
    これまでは一般的な高いベットを使っていたのですが、恥ずかしながら寝相が悪いためか、寝ている時に数回床に落ちてしまった事がありました。
    そのことがあり、ローベットにはずっと前から興味を持っていました。
    ベットを変えることは滅多にできないので、引越しを機会にローベッドを購入しました。
    【Greedy】グリーディに決めたのは、おしゃれなデザインであったためです。
    HPを見て、一目惚れしてしまいました。
    部屋に置いてみると、お部屋がグレードアップしたような雰囲気になります。
    家族や恋人の評判はとても良いです。

ローベッド 【E-go】イーゴお客様の口コミ

  • E-go 部屋が和室なので、畳の生活です。布団を敷いて寝ていましたが、布団の上げ下ろしが辛くなってしまいました。仕事で腰を痛めてしまったのです。普通にベッドを買おうかと思いましたが、それだと部屋がベッドに占領されたようになってしまいます。何かないかと調べるうちに、【E-go】イーゴのローベッドという存在を知りました。高さがそれほどなく、部屋の中でベッドだけが浮く感じがしないので安心しました。ヘッドボードと本体が、木目調になっているのも選んだポイントです。これなら和室にも似合うのではないかと予感が働きましたが、まさに的中でした。昔から使っている木製のローテーブルや、和紙を使ったスタンドに、違和感なく溶け込んでいます。部屋が少しおしゃれな感じになって、気に入っています。

ローベッド 【Masterpiece】マスターピースお客様の口コミ

  • Masterpiece 結婚に伴い、新居を構えることになりました。長い間付き合っていた彼と結婚資金を貯めて、新居は新築一戸建て。先月完成し、お楽しみの家具選びとなりました。家具は私のセンスで選んでいいと言われていたので、モダンで落ち着いた部屋にしようと一部屋一部屋考えて家具選びをしました。寝室のベッドももちろん悩みに悩んで決めました。それが【Masterpiece】マスターピースのローベッドでした。一目見て「かわいい!」と気に入り、詳しいデザインを見てさらに気に入りました。何より、ベッドがあるのに部屋を圧迫しない「ローベッド」というのも選んだ決め手でした。実際に寝室に配置し、お気に入りの枕とかけ布団をマットレスに敷いてみると想像以上の可愛さで、毎日寝るのが楽しみになりました。

ローベッド 【Neptuno】ネプトゥーノお客様の口コミ

  • Neptuno ローベッド【Neptuno】ネプトゥーノは、上質なデザインだと思います。まるで高級なホテルの一室のような気分に浸ることができます。何より、リクライニング機能がついているなど、機能面でも充実しています。リクライニングを自由に調節できるので、ソファーとしても使用することができます。そのため、部屋に置く家具が減るというメリットを享受できます。また、ローベッドなので、部屋が広く感じられます。これは、他にないメリットだと思います。そして、リクライニングを折りたたむことで、そこにタブレット端末や本を置くことができます。これは、棚がなくても良いので非常に便利です。上質なローベッドを探している人におすすめできる商品です。

ローベッド 【Crecer】クレセールお客様の口コミ

  • Crecer 今までは床に布団を敷いて寝ていましたが、子どもがベビーベッドを卒業して一緒に眠るようになったので、間違って踏んでしまわないようにするため、ベッドを購入することにしました。【Crecer】クレセールのローベッドがデザイン的にも素敵でしたし、まだ子供が小さいのでベッドから間違って落ちてしまっても安全なように選びました。【Crecer】クレセールのローベッドを2つ購入して、子ども二人と大人二人の家族で眠っていますが、広々としていて熟睡することができます。2つのベッドをくっつけるとぴったり合うので安定感がありますし、ヘッドボードにはスタンドだけでなく、観葉植物を置くスペースもあってお洒落に演出できるところが気に入っています。

ローベッド 【OldLeather】オールドレザーお客様の口コミ

  • OldLeather ローベッド【OldLeather】オールドレザーを利用した経験があるのですが、独特の風格があって夢のような空間をつくることができました。カラーバリエーションとしてはブラウンレザーとキャメルレザーがありますが、私はブラウンレザーを使っていました。ブラウンレザーは非常に魅力的であり、優雅な印象を抱くことができました。ローベッド【OldLeather】オールドレザーを選んだ理由は、あまり部屋の中に背の高いものを置きたくない、という気持ちがあったからです。その心配を見事にかき消してくれるように、ローベッド【OldLeather】オールドレザーは部屋の一部として低くどっしりと収まっていました。更に、ロータイプであるため、部屋が狭くなったと感じることもありませんでした。今後において再び利用する機会があれば、キャメルレザーのほうも試してみたいです。

ローベッド 【FRANCLIN】フランクリンお客様の口コミ

  • FRANCLIN 初めてローベッドを購入しました。色んなブランドがあって本当に悩んだのですが、色々見た結果、光沢もあって上質感もありそうで、形もインテリアとして一番映えそうな【FRANCLIN】フランクリンのベッドに決めました。届いてみて、いざお部屋に設置してみると、今まで何もなかった部屋が一瞬で映えました。木目の感じがどこかモダンでスタイリッシュかつシンプルな感じでとても良いですね。肝心の寝心地も、充分な広さがあって良いです。ついつい就寝時以外もくつろいでしまいます。自分の時間がゆっくり過ごせる気がします。デザインにおいても寝心地においても、全てにおいて選んで良かったです。これから大切に使おうと思います。

ローベッド 【Plutone】プルトーネお客様の口コミ

  • Plutone ローベッド【Plutone】プルトーネのキングサイズ、ブラックを愛用しています。汚れを気にしてブラックにしましたが、撥水性の高いレザー革なので、飲み物等をこぼしてもすぐに拭き取りが出来、これならホワイトでも良かったなと思っています。ヘッドの部分が左右別々に8段階でリクライニング出来るので、シーンに合わせては、夫婦それぞれに好みの高さにして使っています。革の質感も、ゴワつかない肌触りのいい柔らかさで、肌が直接触れても嫌な感じになりません。全部倒すとちょっとしたスペースが出来るので、本を置いたりスマホを置く台としても使えます。寝心地は、もちろん抜群です。マットレスも自由に選べるので、少し柔らかめの羊毛入りデュラテクノマットレスにしました。とにかく広いので、二人で寝てものびのびゆったり、お互いの寝返りを気にする事なく、ぐっすりふわふわの寝心地です。ローベッドでありながらも、下には風の通る空間が設けられているので、掃除も出来ますし、湿気やカビの対策も万全です。ベッドには安心の5年保証が付いていて、マットレスにも2年の保証が付いています。コストを上回る、良い買い物が出来たと思っています。

ローベッド 【GEORG】ゲオルグお客様の口コミ

  • GEORG ローベッド【GEORG】ゲオルグを初めて目にした時は、とにかくオシャレだなという印象でした。背が低い設計なので部屋の空間を保つことができますし、家具や観葉植物との上手くマッチしてくれるので、デザインの部分では最高のベッドといえます。自分は腰痛持ちですが、このベッドのコイルマットレスは少し硬めに作られていて、体を絶妙な加減で支えてくれるので、寝心地も非常に良く、目覚めもスッキリすることができています。モダンライトの灯りが落ち着いた空間を演出してくれて、洗練されたデザインでありながらも癒し効果を与えてくれるベッドになっているので、とても快適に眠ることができますし、マットレスも自分に合うものを選択することができるので、ベッド探しで悩んでいる人におすすめのベッドとなっています。

ローベッド 【Vire】ヴィールお客様の口コミ

  • Vire 小さい頃から使っていたベッドが古くなったので、新しく買い替えることにしました。展示会場で見た【Vire】ヴィールというローベッドがとてもお洒落で素敵だったので一目ぼれをしました。床からマットレスまでの位置が低いローベッドは、部屋を広々と見せる効果があるので満足しています。ヘッドボードの形もシンプルで落ち着きがある雰囲気ですが、黒い木目調になっているところが特に気に入っています。高級感があって、部屋を落ち着いた府に木にしてくれます。ヘッドボードにはスマートフォンを充電できるスイッチ一体型コンセントもついているので、使い勝手が良いです。ヘッドボードの上に、本や香水、スタンドを置いても寝ている間に頭の上に落ちてくる心配がないので安心です。

カートに入れる

SOLEIL 系列店

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」