税込8000円以上のお買い上げで送料無料

コルクマットとは

ダイニング

コルクマットとは、コルクシートとEVA樹脂によって作られたジョイントマットのことで、フローリングに比べて滑りにくくなっています。

 クッション性があるので、赤ちゃんや子供、老人が転んでも怪我をする心配がありません。
そして、遮音性、防振性、防音性に優れています。防炎性も高く、コルク内の気泡中に多くの窒素が含まれているので燃えにくいです。 燃えてもゆっくり焦げて炭化して膨張するので、延焼を防ぐことができます。 

コルクマットは、保温と断熱性、クッション性にも優れているので、フローリングのように夏場冷たくなりません。
冬は床暖房・ホットカーペットに対応していて一定の温度を保ってくれるので、暖房費節約にもなります。

抗菌性もあるので、ダニやカビの繁殖を防ぎ、清潔に使用することができます。水をはじく性質もあるので、ジュースをこぼしてもサッと拭きとることができます。

 ハサミやカッターなどで簡単に切ることができるので、用途に合わせて加工できます。
 コルクマットは、人にも環境にもやさしく、安全性が極めて高くなっています。表面が滑りにくい性質なので、転んだとしても怪我をしにくいです。インテリアとしても優れていいて、傷がつきにくく耐久性があります。

コルクマットの特徴

コルクマットの特徴の一つに、防音効果にあります。
これは、天然素材を使った床材のメリットになります。

コルクマットには、優れた防音性があります。
そのため、マンションやアパートなどの集合住宅に向いています。

階下への騒音を気にする場面で、コルクマットは非常に役立ちます。音が直接階下に伝わるという性質がフロ-リングにはあるので、足音や物を落とした場合、階下に騒音として伝わってしまいます。

また、小さな子供がいる場合、ドタバタと歩く足音や飛び跳ねる音が響きます。
コルクマットであれば、生活騒音でのトラブルを防ぐことができます。
コルクマットにする事で、おもちゃ遊びやペットが駆けまわる音が階下へ響くのを防ぐことができますよ。

またコルクマットには、フローリングに比べて滑りにくいという特徴もあります。
ペットのスリップ防止や家財のズレ予防効果があります。

クッション性があるのも特徴で、コップなどを落としてしまっても割れにくいです。
赤ちゃんや子供、老人が転んでも怪我をするリスクが軽減します。安全性が増し、遮音性、防振性、防音性があるのが、コルクマットなのです。

コルクマットをインテリアとして使用

インテリア

コルクマットはインテリアとしておすすめできます。 
天然素材でできたコルクマットは、ジョイント式のつなぎ目も目立たないので、インテリアにも馴染みます。 

部屋全体のカラーを損ねることなく、おしゃれなインテリアの一部として利用することができます。

コルクマットが良いのは、小回りが利くところで、狭いキッチンなど、ちょっとしたスペースの部分に敷くと便利です。

部屋全体に敷きつめてもよく、水やジュースをこぼしてしまっても大丈夫です。 コルクマットは防水性が高くすぐにふき取ることができるからです。

少しくらい汚れても大丈夫で、その部分だけ取り外して水洗いすることも可能です。

落ちない汚れや破損が生じたとしても、ジョイント式のコルクマットであれば、その部分だけ交換して変えることができます。
また、コルクマットは、フローリングの傷対策にもなりますよ。

コルクマットの品質について

もともとコルクマットに使われているコルクというのは、天然のコルクという木材を使っています。
そのため天然素材だからこその特性というものがあります。

コルクという木材の内部というのは、フワフワとしていて淡い色をしていますが、樹皮はやや硬めで濃い色をしています。
コルクの粒が大粒のコルクマットの場合には、このような樹皮が入っていることがありますが、粒が大きなコルクの方が選別が難しい部分があるためこのような樹皮が混じってしまう事があります。
あまりにも樹皮の量が多いというのは品質が低いということが出来ますが、多少も混じりは品質上特に問題はありません。
また大粒のコルクマットの中には、コルクとコルクの粒の間に多くの隙間があることがありますが、これは接着時の隙間です。粒が多いためにどうしても隙間が空いてしまう事があります。
あまりにも隙間がある物は低品質ということができますが、ある程度の隙間は大粒コルクマットの風合いということが出来ます。このようなことが気になるという事であれば、当店SOLEILのコルクマットを利用することをお薦めします。

コルクマットは衛生的なので赤ちゃんにおすすめ!

赤ちゃん

赤ちゃんのいるご家庭で、コルクマットは大人気商品となっています。 
その理由は、好きな大きさに組み換え自由で、ミルクや離乳食をこぼしたりや嘔吐やおもらしや落書きなどで汚す機会が多いので汚れたパーツだけ取り外して簡単に洗うことができる、クッション性があり安全である、ホルムアルデヒドなど有害物質を含まないなどたくさんのメリットがあることが人気の秘密です。

その中でも、選ばれる最大のポイントは簡単に洗えることです。 カーペットだと少しこぼしただけでも中までしみ込んでしまい雑巾で拭いても完全に取れません。
その上洗うとなれば時間がかかり、また乾かすにも時間が掛かります。  

ところが、コルクマットの場合は、撥水効果が高いのでこぼしても中までしみ込みにくいので雑巾でふき取るだけで完全にきれいになります。

さらに嘔吐などで汚れや臭いのひどい場合でも水洗いをしたり、弱酸性の洗剤で洗ってよく乾燥させれば臭いもシミも残らず新品同様に使うことができて衛生的です。 
じゅうたんなら確実に臭いがしばらく残ります。
コルクマットは通気性が良いので湿気やカビを寄せ付けず衛生的なので赤ちゃんに適したマットと言えます。

コルクマットはマンションにおすすめ

マンション

コルクマットをマンションで使用する人がふえています。
マンションに住むと言うメリットは色々とありますが逆にデメリットというものにも気を付ける必要が出てきます。

デメリットの一つには音の問題があります。
マンションに住んでいて物を落としたり子供が走り回る音などというのはどうしても階下に響き渡る可能性があるのです。

気にしていてもちょっとした音が階下に響く可能性があるので気を使わないといけないことになります。
これはデメリットなのですがマンションに住むということの宿命でもあると言えます。

このような音の問題を解決するにはコルクマットがとてもオススメとなります。 
コルクマットは弾力性があり、そのおかげで防音効果が高い構造となっているのです。 

ちょっとした音であれば階下にまったく音が響かないような音に防音してくるのです。

これはカーペットやラグにないコルクマット独自の非常に大きなメリットだと言えます。

費用も防音対策を別途とるよりも随分と安く済むので非常にオススメであると言えるのです。
低コストで大きな防音対策を取ることが出来るコルクマットはマンション暮らしの人には欠かせないものだとも言えるのです。

コルクマットは夏でもサラサラ

コルクマットの表面は夏でもサラサラなのでおすすめですよ。
コルクマットは、イメージ的には暑そうに感じますが吸湿性・通気性に優れているので、夏でもサラッと快適に過ごせます。
ジョイント式のコルクマットは、値段も手軽なので、利用価値は高いです。
また、汚れたら外せて洗えるので便利です。

新しく取り替えるのも簡単で、夏でもコルクマットはとても便利なアイテムなのです。
コルクマットは吸湿性に優れているので、梅雨時期や夏に使用しても、足元がべたつくことがありません。

夏の暑い時期でもサラサラで使用することができるのです。
これは意外かもしませんが、コルクマットが夏でもサラサラなのは、コルクは通気性が良いからです。

コルクは、大きい水滴は通さず、目に見えないような水蒸気を通す性質があります。
コルクの細胞の目の細かさはわずか30ミクロンなので、コルクマットに足裏を触れると凹凸部分が点で触れることになります。

コルクの粒と粒の間にある凹部分が水分を蓄えてくれるので、夏場、ジトッと汗をかいた足裏でも大丈夫なのです。
夏にコルクマットの上を歩くとマットが汗を受け止めてくれるので、サラサラの良い感触が楽しめます。

コルクマットは冬の防寒におすすめ

冬を暖かく過ごすには、暖房器具を使うのはもちろんですが、省エネ志向が高まっているので何か工夫のできるものはと一番にひらめくのは、コルクマットです。

コルクマットには、防音、防水、防湿、防カビ、抗菌、クッション性などの優れた特性を持ち合わせており、好きな大きさに組み合わせてマットが作れて洗浄などの手入れが楽なだけではないのです。

500年ほど前から暖房のない石造りの建物で断熱材として使われてきたのです。

それで、おしゃれなコルクマットとして改良され年齢問わずいろいろな世代の人から注目を集め、今では人気商品の一つとなっています。

コルクはコルク樫の樹皮を採取して作られる天然の素材で、無数の気泡があり、その気泡が空気を含んでいる為、軽くて保温性があります。

ですから、足元が温かくなり、そのおかげで体全体も温まるので健康増進につながります。

そして、コルクマットで温められた空気は上へ上がり部屋全体が温まり、エアコンやストーブ代の節約につながります。

当店SOLEILのコルクマットは床暖房・ホットカーペットに対応していますので、二重に使用すると真冬でも快適に過ごす事が出来ます。

ですから、コルクマットは寒さ対策に十分お勧めできるアイテムの一つです。特にラージサイズのコルクマットは厚みが11mmと分厚いので、冬の防寒には最適ですよ!

コルクマットでカビ対策をして子供のアレルギー予防

コルクマットはコルクの樹皮でできているものです。ただ、見た目の感じなどからは何となくカビが生えやすくダニが発生しやすいような感じがあります。
実際にそういう風に勘違いをしている人も結構いるようです。
しかし、それは間違いだと言えます。

コルクマットの原料であるコルク樫の樹皮は虫を寄せ付けなかったりカビの発生を防止る働きがあるスぺリンという成分が含まれています。
このスぺリンという成分はダニやシロアリや寄生虫などの防虫効果と防カビ効果を持つことで知られているです。
そのため、コルクマットがカビが生えやすいのではないかというイメージは大きな間違いだと言うことが言えるのです。
その上にコルクマットには無数の穴が空いています。この無数の穴は通気性を保つのに効果があります。無数の穴があるおかげで湿気が発生しにくいと言うことになりカビが発生しにくい環境を作り出すのです。

これらのダブル効果によりコルクマットはカビが発生しにくい構造になっているのだと言えるのです。
コルクマットを敷いてカビが生えるとしたら他に原因がある可能性が高いのです。
お子様が喘息などのアレルギーをお持ちの場合、コルクマットを一度試してみる事をおすすめします。

コルクマットが吸湿性に優れている理由

コルクマットが吸湿性に優れている理由は、素材が木材で湿気を吸い取る性質があるからです。
コルクはワインの栓にも使われますが、細胞に含まれるミクロ単位の気泡が防水性や撥水性を高めてくれるからです。
水やジュースなどをこぼした時には、すぐに拭き取ればしみ込んでしまうことはありません。

ですから、調理や食器洗いなどで水や油が飛び散りやすいキッチンに敷くジョイントマットは、コルクマットが最適です。
ジョイント式はパズルのようにはめ込んだり外したりすることができますから、特に汚れやすい部分は定期的に取り換えることも可能です。

但し吸湿性に優れたコルクマットですが、キッチンのような湿気の多い環境で敷きっぱなしにするとカビが発生する原因にもなりかねません。
特に水分などが吸収されやすい流し台の前などに敷く際には、何年も敷きっぱなしにするのではなく、定期的に陰干しをしたりするのがオススメです。
また、天然素材なので、乾燥する冬は少し縮んで隙間ができることもあります。コルクマットは1枚1枚が軽いので力の無い女性にも楽々扱えるところも便利です。

コルクマットが滑り止めの役目を果たしてくれます

コルクマットがフローリングの床などに敷かれて重宝されている理由の一つに、滑り止めの効果の高さがあります。
コルクマットのメイン素材は言うまでもなくコルクとなります。素材がコルクの粒子なので、見た感じは平らになっていますが、表面には細かい凸凹があります。
そのため、フローリングと違ってお子様やペットが滑る事を防止してくれます。

フローリングで遊びまわっていると滑って転倒の危険性が高いですが、コルクマットがそれを防いでくれます。

大切なご家族を守るためにも、当店SOLEILのコルクマットを是非ご利用下さい!

コルクマットで模様替えするポイント

コルクマットには、生活するにあたって優れた特性を持っているので、今ではインターネットの通販やホームセンターなどで大変よく売れています。
また、皇族のお子様が使用していたおかげでさらにコルクマットの安心さが注目されています。

それではさっそく、コルクマットで模様替えする際のポイントをご説明します。
まず、マットの大きさを選びます。
当店のコルクマットの大きさは厚型(ラージサイズ)、薄型(レギュラーサイズ)の2種類あり、厚型コルクマットはジョイント部分が少ないので敷き詰め易くなり、薄型コルクマットは、狭いスペースに敷き詰めやすく値段も安くなります。そして、コルクマットの粒の大きさですが、当店のコルクマットの粒は小さいものを採用しています。

強度が強く弾力性に富んでいるので、どのお部屋の模様替えにも最適となっております。
それと、コルクマットはカッターナイフでカットできますが、端の方を敷き詰めるならサイドパーツを購入して利用すれば見た目もきれいでとても便利です。
ご家庭の使用環境によって、厚さ、大きさ、見た目などどの点を重視するのか、好みなどがかわりますが、コルクマットはどの世代の方にとっても優れているので、以上のポイントを参考にお選びください。

コルクマットがペットの関節を守る

最近はペットを飼う人が増えてきています。それは人を癒やしてくれる効果などもあるのではないかと思われますが、やはり犬や猫をペットとして飼う人というのが最も多いようです。

そんな犬や猫も室内で飼う家庭も増えてきており本当に家族の一員として扱っている家庭も多いのです。
しかし、ここで起こる問題が犬や猫などのペットの関節の問題です。
室内で犬や猫を飼うとなるとペットは部屋中を歩きまわったり走り回ったりすることになります。
最近の部屋ですとフローリングの床の家も多いようでしょう。
そうしたフローリングはペットは歩きにくく滑りやすいということになります。
これがペットにとっては関節を悪くする原因となることが多いようです。

股関節の関節成形不全や、膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアなど人と同じような症状をペットも表すのです。
こうした事態を防ぐにはコルクマットがオススメです。
滑らないようになりますし、走り回っても足元に負担がかからないものとなるのです。
さらに、コルクマットはクッション性に富みペットが走り回っても足や腰、関節に掛かる負担が大きく軽減させることが出来るのです。

無害なコルクマットおすすめは「やさしいコルクマット」

今、インターネットの通販やホームセンターなどで大変人気となっているジョイントマットがコルクマットです。
その数あるコルクマットでも、赤ちゃんや小さいお子さんをお持ちのご家庭では、無害なコルクマットに注目しており、その中でもやさしいコルクマットは一番評判が良いです。

なぜなら、コルクとEVAの結合に接着剤を使用していない為、ホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれていないので、万が一なめても安心です。
そして、防カビ、防湿性があるのでアレルギーや喘息の原因となるカビやダニの発生を防ぎいつも清潔に保ちやすくなっています。
また、EVA素材には弾力性があり分厚いので、もしお座りしていた赤ちゃんが倒れたり転んでも、床材が衝撃を受け止めてくれるので怪我が防げます。

そして、断熱性があるので、夏はさらっと快適で冬は足元が温かく底冷えしないので風邪を引きにくします。
コルクには防水性があるので、飲み物をこぼしてもさっとひと拭きすれば中までしみ込むことがなく清潔に保てます。
このように、安心材料がたくさん詰まっているのでやさしいコルクマットはお勧めです。

「やさしいコルクマット」は無着色なのでコルクの色

100円均一などに行くと、さまざまなコルク製の商品が売られていますが、中には着色されているコルク商品が売られていることがあります。
カラフルな色合いに着色されているのはPOPなイメージがありますが、この着色されているということは、何かしらの塗料を使っているということになりますよね。
着色するということは、コルクの風合いを壊し、場合によっては化学物質などをコルクにふくませてしまうということになります。

ですが、着色を施さないことで本来のコルクの風合いを生かすことができますし、本来コルクが持っている性能を活かすことが出来るんです。
当店の「やさしいコルクマット」で使われているコルクは、このコルクの特徴を最大限生かすために、着色しない無着色のコルクを使っています。
コルクはもともと無着色の状態でも、一枚のマットに濃淡があり、素材本来の風合いが素晴らしい素材なので、着色をする必要性というのはありません。
床材としてもとても自然で飽きが来ないという点も、無着色の「やさしいコルクマット」だからこそ得られるものなのではないでしょうか?

やさしいコルクマットの製造工程

やさしいコルクマットの製造工程は、他のコルクマットより、厳しく管理されています。
やさしいコルクマットの場合、安全性を重視し、国内外の検査機関で有害物質が検出されないかをチェックしています。
具体的には、国内の安全試験所においてホルムアルデヒド検出試験を行い、乳幼児(生後24ヶ月以内)の基準である0.05ppmを大きく下回る0.01ppm未満という結果を得ています。

激安コルクマットの場合、安全性に不安があります。
やさしいコルクマットのように、きちんと検査機関で調べていないので、良い結果が出ているかどうかわかりません。
コルクマットで安いものはコルクを繋ぎ合わせるために接着剤を使用しているのですが、EVA樹脂と異なり早く痛みますし、ホルムアルデヒドが多く含まれている可能性があります。

特にコルクマットを赤ちゃんに使うものであれば、決して妥協してはいけません。
やさしいコルクマットは、有害物質が検出されないかどうかをしっかり製造工程でチェックしているので、とても安全なコルクマットです。
その分、激安品よりは高くなりますが、安心という見えない価値があります。
やさしいコルクマットなら、赤ちゃんが転んで頭を打っても衝撃をしっかり吸収してくれます。

敷き詰めるのも簡単で、厚さや大きさは2種類から選べるようになっています。
敷きたい場所に合わせることができます。危険回避のためだけでなく、防音のためにも役立つので、長い間ご使用頂けますよ。

コルクマットは大判(ラージサイズ)と小判(レギュラーサイズ)があります

SOLEILのやさしいコルクマットのサイズには大判(ラージサイズ)と小判(レギュラーサイズ)があります。ラージサイズは厚みが11mmあり、小判に比べて3mm厚い為、防音、防水、断熱、クッション性においては優れています。
また、1枚が大きいので敷き詰める時に枚数が少ないので楽です。
粒の大きさでは、小粒が主流で粒が細かい分コルク同士が密に接着されているため強度が強く、さらに耐久性も強くなります。
一般のご家庭では、このラージサイズがおすすめとなっています。

マットの上には人が長時間座ったり寝転んだりするわけですから強度や耐久性が弱くてめり込んでしまったり亀裂が入るのでは問題外です。
そして、肌触りは大粒の場合は粒が大きい分ざらざらしていて、小粒はなめらかですので夏場はさらっとして気持ちよく過ごせます。

一方のレギュラーサイズは厚みが8mmなので、扉の開閉に邪魔にならないサイズになっています。
犬などペットを飼っているお家では、一つ一つのサイズが小さい小判の方が、汚れたときや寿命が来た時に交換しやすいのでおすすめになっています。

「やさしいコルクマット」のサイズは1,2,6,8畳

やさしいコルクマットに関しては、世界最大級の検査機関、SGSの検査基準をクリアしているので、ノンアルデヒドで無害であることが売り物になっています。
さて、SOLEILのやさしいコルクマットのサイズには1,2,6,8畳があります。

広さに合わせてセット売りになっているので、お部屋に敷き詰める場合はたいへんお買い求めやすくなっています。
レギュラーサイズは、1畳が18枚、2畳が36枚、6畳が108枚、8畳が144です。一方ラージサイズでは、1畳は8枚、2畳は16枚、6畳は48枚、8畳は64枚となっています。
レギュラーサイズとラージサイズの差は1.5倍ですが枚数がかなり違ってきますが、値段はラージサイズの方が若干高いくらいです。

キッチンマットをコルクマットにするとオシャレに!

今までは、キッチンマットを敷いていたという主婦の方も多いと思います。
キッチンマットを敷くと、水はねや油はねなどの汚れから床を守ることができるというメリットがあります。

また、食器類や料理器具を落とした時に衝撃で壊れるのを防止したり、足元の冷えや立っていて疲れるのを軽減する役割もあります。
でも、キッチンマットを敷くとなんだかやぼったくてオシャレじゃないと感じる方は、キッチンマットをコルクマットにするとオシャレになります。
ジョイント式のコルクマットをキッチンマットのように部分的に敷くこともできますし、キッチン全体に敷き詰めることもできます。家具を動かすのが大変というのであれば、簡単にカットして家具の部分だけは敷かないようにすることもできて一人で簡単に敷き詰めることもできます。
コルクマットを敷くと、足元がとても暖かく、硬い床よりもソフトでスリッパを履かなくても足が冷えるのを防いでくれますし疲れにくいです。

油や水を吸収してくれるので、汚れた部分だけパズルのように外して替えることもできるのでとても便利です。キッチン全体の床に敷き詰めれば、床を傷めることもありません。階下に住人がいるような環境であれば、下に物音が響くのも防いでくれます。

コルクマットのサイドパーツは別売りになっています

コルクマットにはサイドパーツがあり、角のないサイドパーツストレートと角のついたサイドパーツコーナー の2種類があります。たいていは別売りになっていますが、やさしいコルクマットシリーズのレギュラーサイズ108枚(約6畳分)セットのみサイドパーツが付属されています。

サイドがデコボコしていて見栄えを気にするならサイドパーツを取り付けることによりふちがすっきりします。
サイドパーツを取り付けることにより凸凹にほこりがたまらず、また、お子様や犬や猫などのペットがいたずらをすることもなくなります。

コルクマットは、正方形で好きなように自由自在に組み合わせて好きな大きさにできるとてもユニークで便利なマットですので、ご自身でカットする方法もあります。
凹凸のあるお部屋なら角に合わせてカットできます。
そして、その仕上げにサイドパーツを取り付けることもできます。結論から申しますと、衛生的なことを考えると、ジョイントのデコボコに髪の毛やほこりがたまりやすいので、毎日丁寧に掃除をするにはかなり時間が掛かりますので、サイドパーツでふさいでしまう方が無難な選択と言えます。

コルクマットのサイドパーツの役割 

コルクマットの端はパズルのピースのようにギザギザの状態になっています。
このギザギザの状態をキレイな直線に整えることが出来るのがサイドパーツです。
つまり、サイドパーツの役割は見た目にきれいな直線をつくることが出来るという役割を持っているということになります。

見た目はとくに気にしないのであれば、あえてつける必要はないということもできます。
ですが、実はギザギザが直線の状態になることで、埃を防止することが出来るという役割もあります。
ギザギザの状態は当然それだけ距離が長い状態です。距離長い分どうしても埃は溜まりやすくなります。
ですが、直線にすることでこの埃の溜まりやすさは圧倒的に減ってきます。ギザギザは髪の毛や綿ぼこりなども溜めこみやすくなりますが、サイドパーツで直線にすることでこの髪の毛や綿ぼこりの溜めこみを防ぐこともできるんです。ギザギザの状態は子どもにとっては興味を持ちやすい形状で、ついめくってみたくなるようですが、直線になるとこの興味も随分と薄れます。
子どものためにコルクマットを敷く場合には、興味を持たせないという役割もあります。

「やさしいコルクマット8畳ラージサイズ」購入者の口コミ

  • ちょうど8畳の自室に置くように買いました。子供が産まれるので、防音性や掃除のしやすさを重視して部屋のコーディネイトを考えようと思ったときに出会ったのが、やさしいコルクマットだったんです。やさしいコルクマットはほかのマットレスよりも厚みがあるので小さい子供のいる家庭にはぴったりだと口コミで見たので気になったのが購入の決めてです。ほかのコルクマットは購入したことがなかったのですが、確かに厚みがあります。それなのに熱すぎず、冬は防寒性にも優れているみたいなので安心して過ごせそうです。子供が産まれるとどんどんカーペットを汚してしまうだろうし、部分的に買い換えが出来るジョイントマットはとても便利だと思います。やさしいコルクマットを買ううえで不安だったのが、掃除でした。ジョイントマットはジョイント部分にホコリが落ちてしまい剥がすと下が汚れだらけなのではと思ったのですが、実際に使ってみるとジョイント部分がとてもしっかりとしているのでふつうのマットのように下にホコリが落ちることもありません。安心して使えます。

カートに入れる

コルクマットの豆知識

SOLEIL 系列店

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」